CGI フラガール = 日本 | a day on the planet

きょうのできごと

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< とかげの可愛い嘘 = 韓国 | main | 日本インターネット映画大賞 >>

フラガール = 日本

  
未来をあきらめない

北国を常夏の楽園へ。40年の時を越え語られる奇蹟の実話。





カッコイイ!!
今年の映画の中でも、特にいい!!
何から褒めればいいか分からないので、とりあえず作品の内容から。

事情を抱えたダンサーが、田舎娘たちにフラダンスを教えるように放り込まれる。
先生も生徒もやる気なし。
先生は自分の事情のため、仕方なく。
生徒は自分たちの家庭の事情のため、仕方なく。
反発し合い、寄せ付けないような壁を徐々に取り払ってくれたのは、まさにフラダンス。
好きなものに対する情熱。
初めて先生のフラダンスを目にしたとき、私もあの子たちと同様、釘付けになった。
“私もやってみたい!”と思わないで、何を思うんだろう。

そこから、先生と生徒たちの壁がなくなっていって、心無い先生にも変化が。
元々彼女は人を思いやれる優しい人。
でなきゃ、母親の借金を背負うはずない。
お人よしなところがある。
生徒のためを思って叱れる、生徒のために危険を顧みず殴りこみに行く。
こんなにカッコイイ先生はいない!

フラの公演をやめてバスで戻るシーン。
親の死に目にもあえないのかってところ。
何も言わずに、全てを被って頭を下げる先生を見て、もどかしくなった。
先生はヘラヘラ笑っているわけでもないし、炭鉱の人たちのことを考えてないわけでもない。
もう心は炭鉱の人たちと同じなのに。
それから、リーダーの紀美子。
このシーンあたりまでは、リーダーなのにハッキリしないところがあった。
でも、先生を追いかけてホームに行くところで、やっとリーダーらしさが出た。

何かを一生懸命にやっていると、人に言わなくても、ちゃんと伝わるものだ。
他のことはいい加減かもしれないけど、そこだけは正直に表れる。
“これだけは”っていうものに出会えたとき、人は強くなれる。
その一生懸命さが、やがて誰かに感動を与える。
人の心さえ動かす。
このフラガールは、それを見事にやってのけた。
仕方なく始めたことが、自信もつき、人に喜んでもらえることによって、さらに魅力を増す。
フラダンスのシーンは、これがあの子たちかと思うほど、見違える。
舞台のシーンは、ずっと目頭が熱くなって涙が自然にこぼれていた。


松雪さんは、やっぱりカッコイイ女性。
華奢なのに凛として、キレイだけど男前でホントにカッコイイ。
生徒たちのために大人に歯向かっていくところは、スカーッとした。
生徒たちがまとまってついて行こうと思うのに相応しく、説得力のある存在感だった。
松雪さんのフラダンスは見事!!
すぐに魅了された。

そして、なんといっても蒼井優。
元から彼女はバレエをやっていたこともあり、ずば抜けてキレイなダンスだった。
ソロのシーンなんて、瞬きするのも惜しいほど。
最初のジャージとおさげの幼い姿と、フラダンスを踊る紀美子は別人みたい。
ちゃんと前を向いて、自信を持って笑っている。
家庭のためとか、友達のためとか、それを超えてダンスを楽しんでいる。
それが表情に溢れていた。
好きな女優さんだけあって、蒼井優は最高だなぁって思った。


2006年最後に観た映画が『フラガール』で良かった。
映画 / 感想 | permalink | comments(8) | trackbacks(30)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

>“これだけは”っていうものに出会えたとき、人は強くなれる。

そうですね。「これだけは」は「これしかない」とも繋がりますね・・・だから強くなれるのかもしれないなと思いました。
TBどうもでした。
カオリ | 2006/12/28 10:07 PM
>カオリさん
コメントありがとうございます!
ここ最近、ダラダラ〜っと日々過しているような気がして、私も頑張れる何かを見つけて強い女性になりたいと思います(^^)
nagisa | 2006/12/28 10:32 PM
トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
はじめまして。素敵な文章ですね。ブログやってないので、トラックバックできないので、ごめんなさい。
フラガールは2回見ました。私は舞台の福島県いわき市生まれ。祖父は常磐炭鉱の労働組合の元労組委員長。地元の年配の方では、知らない人はいません。血筋なのか、自分は毎日新聞の前労組委員長。仕事は東京本社社会部記者。かなり忙しいけど、気になる映画は仕事をサボってよく観てます(笑)。今年のU21は宮崎あおい、沢尻エリカ、蒼井優で決まりだと思います。
それにしても、フラガールはすごかったですね。あなたの名文と重なってしまうので内容については省略します。
今は炭鉱や炭住の面影はほとんどありません。フラガールを観て、センチメンタルな気分になりました。
多忙なため、コメントはなかなか書けませんが、時間が許す限り、あなたのブログを読まさせていただきます。
良いお年を!。
able | 2006/12/29 4:04 AM
>やわらか映画〜おすすめDVD〜さん
ありがとうございました!!

>ableさん
コメントありがとうございます!
文章を書くのは苦手なので、いつも感情にまかせて思いつくことを書きなぐっている状態です(笑)
気持ちの入ってないときはいい加減ですし、自分の好きな作品に関しては長々と書く、という、単純な人間です。
読んでいただいて嬉しいです。

私の好きな俳優さんが、この間テレビで言っていました。
“1日1本映画を観るということは、毎日1つ感動を得られるから良いことですよ。”
私もそう思います。
だから、有意義な時間を過せるのであれば、仕事をサボッてでも、良い作品のために時間を割くのは仕方ないと思います(笑)

年末年始はテレビでも多くの映画が放送されるので、記憶に残すためにも、また感想を書いていきます。
ableさんも、良いお年をお過ごしください!
nagisa | 2006/12/29 1:21 PM
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
TBありがとうございました。
今年の邦画の中でも、この映画は良かったですねえ。
私も感動し、勇気も貰いました。

松雪さんが良かった^^)蒼井優ちゃんもあのフラダンス見事でした。


ぷちてん | 2006/12/30 10:27 PM
>ぷちてんさん
コメントありがとうございます!
本当に良い映画でした。
胸が熱くなるってこのことかって実感しました。
私もフラダンスやってみたくなりました(笑)
nagisa | 2006/12/30 10:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど 全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して 松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満足だったし ベノワは今も受け入れる事は出来ず悲しいが謹
フラガール&ベノワ | 別館ヒガシ日記 | 2007/06/27 8:06 PM
シネマアイリスで「フラガール」を観た。24日から1000円開放となっている。 昭和40年代の福島県の炭鉱町が舞台。当時「黒いダイヤ」とまで云われた石炭。しかし、外国からの石油の供給に押され、国内の炭鉱は次々と閉山。そんな中、閉山間際の炭鉱町に、炭鉱に代わる町
「フラガール」 | Nobody knows | 2007/02/26 11:05 PM
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい
フラガール−(映画:2007年25本目)− | デコ親父はいつも減量中 | 2007/02/24 11:39 PM
今年観た日本映画のベストがこの作品!! 序盤の早苗役、徳永えりさん。中・終盤のま...
フラガール | 不動前Labs | 2007/01/11 11:45 PM
評判の良さも納得の映画でした。 昭和40年。 みんなが真面目に正直にひたむきに、 それぞれの立場で人や周りを思いやり、とにかく強く生きてた頃のお話。 そして、ここぞという時には、 一生懸命を応援す
『フラガール』 | 映画館で観ましょ♪ | 2007/01/11 7:21 PM
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊
「フラガール」(2006) | TMDiary | 2007/01/10 10:01 PM
フラガール@なかのZEROホール (2006/08/24)試写会募集数 1/2005 自分の応募口数 1/13自分が応募したものも当選したのですが、都合が悪くて行けず・・・。今回は友人からのもらいものです♪なかのZEROホールは快適なホールでした。 公式:http://www.hula-girl.jp/i
フラガール 試写会 | 試写会HUNTER | 2007/01/09 8:36 PM
エネルギーが石炭から石油へと変わって行く昭和40年代。 福島県の炭鉱の村は温泉レジャー施設に命運を賭けようとする。 フラダンスのショーを目玉として。 「フラガール」
「フラガール」(日本 2006年) | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/01/06 10:59 PM
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
フラガール | 気まぐれ961部隊! | 2007/01/04 8:39 PM
映画「フラガール」の感想です
フラガール | ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2007/01/04 12:27 PM
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/01/02 12:10 AM
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
「フラガール」 人を育てるということ | はらやんの映画徒然草 | 2006/12/30 8:03 AM
試写会、26日そごう会館にて。 最初はそないに期待してなかったんですけど けっこう泣いちゃいましたね~。 話が進むにつれてぐいぐい引き込まれました。 ・・・大阪ならではのパロディポスター。 シネリーブル梅田にお越しの際は現物見れます。 ・・・こういう仕事は
オンナは強いよな~。~「フラガール」~ | ペパーミントの魔術師 | 2006/12/30 3:23 AM
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
フラガール・・・・・評価額1700円 | ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/12/29 7:14 PM
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか
「フラガール」レビュー | 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/12/29 11:41 AM
『フラガール』の試写会で有楽町のよみうりホールへ。 −人生には降りられない舞台がある 出演:松雪泰子、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子、豊川悦司、山崎静代 常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾー
試写会『フラガール』 ★★★★ | 時流を聴く | 2006/12/29 8:57 AM
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 とにかく
フラガール | UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/12/29 8:27 AM
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年
フラガール 06年205本目 | 猫姫じゃ | 2006/12/29 4:47 AM
大阪梅田のシネ・リーブルで&#63704;映画『フラガール』を観てまいりました。客席は老若男女のお客さんでほぼ満員。 昭和40年。福島県いわき市。石炭から石油へのエネルギー革命により、本州最大の常磐炭鉱も高度成長から取り残され、閉山の危機が迫る。 炭鉱
映画『フラガール』 | 健康への長い道 | 2006/12/29 4:14 AM
働くということが炭鉱労働者になることしかなかった時代は、誰も迷いはなかった。 しかし、そうではなくなったとき。 昭和40年、福島県いわき市。 石炭から石油へと時代が変化する中、炭鉱の町の情勢は厳しく、多くの失業者が予想された。新たな雇用を創出するため
フラガール(06・日) | no movie no life | 2006/12/28 10:05 PM
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子)のぶ
フラガール | まぁず、なにやってんだか | 2006/12/28 9:55 PM
フラガール&#8194;(2006 日本) 監督   李相日        脚本   李相日 羽原大介    撮影   山本英夫       音楽   ジェイク・シマブクロ    出演   松雪泰子 豊川悦司 蒼井優  昔ながらの、そして今もおそらく変わら
フラガール 〜楽園は人の心の中にある〜 | 映画のメモ帳+α | 2006/12/28 8:07 PM
少し前に『バックダンサーズ』を観て、邦画でダンス映画って珍しい!なんて書いたのですが、コレもダンス映画になるんですかね『フラガール』。 あらゆる部分で、かなり丁寧に撮ったと思えるイイ映画でしたが、蒼井優さんの超熱演ソロダンスシーンのおかげで更にワン
フラガール | オタクの魂forビギナーズ | 2006/12/28 5:34 PM
フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司) 2006年9月23日 劇場初公開 公式サイト: http://www.hula-girl.jp/index2.html シネ・リーブル池袋1 2006年9月26日(火)20時25分の回 ゴウ先生総合ランキング: A-   画質(ビスタ): A-   音質(SRD?)
フラガール | 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/12/28 4:35 PM
いや〜〜ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
「フラガール」 | しんのすけの イッツマイライフ | 2006/12/28 4:11 PM
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が
フラガール  | シュフのきまぐれシネマ | 2006/12/28 12:54 PM
常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話、というシノプシスを最初に聞いたとき、プロジェクトXみたいな話?とか南海キャンディーズのしずちゃん(好演 !)がCl
美しい「フラガール」 | 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2006/12/28 12:42 PM
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のため
『フラガール』鑑賞! | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/12/28 12:40 PM
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持
『フラガール』 | Sweet* Days | 2006/12/28 12:33 PM
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール | Akira's VOICE | 2006/12/28 12:18 PM
BlogPeople
MyblogList
にほんブログ村 映画ブログへ

TSUNE*FairPlay 宮本恒靖同盟

ダイスケ祭り ダイスケ祭り

松井大輔同盟

FRIENDS チャンドラー