CGI さくらん = 日本 | a day on the planet

きょうのできごと

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 悪夢探偵 = 日本 | main | フリージア = 日本 >>

さくらん = 日本

  
花魁をなめんじゃねぇよ





女を最大限にカッコ良く魅せる映画。
女性監督ならではの、女の良い部分が上手く映し出されていた。
男の監督なら全面露出なんかで済ましそうなところだけど、そうではなくて、どうすればキレイに見えるかってことを知っているからこそ撮れるものだと思う。


観る前は土屋アンナが主演だと知ってイマイチだったんだけど、映画を観終わって、彼女以外にこの役は多分無理だろうなと思った。
演技の上手さというのではなくて、勢いとか突っぱねたところ、啖呵を切るカッコ良さとかは、きっと彼女が一番ハマリ役なのだ。
だからずっと、“土屋アンナ”としてではなく、“花魁”として自然に観られた。
実際、花魁道中の貫禄といい、佇まいといい、本当にカッコ良かった。
菅野美穂の花魁道中は色っぽくて、また別の良さがあった。

一番のお目当て、安藤政信。
いやー、素敵だった。
きよ葉をずっと見守り続ける男。
安藤くんの、あの声が好きだな。
落ち着く。
女の世界であまり目立たなかったけど、あの役が安藤くんなだけで満足。

それにしても、花屋の男。
一瞬で最初分からなくて、とりあえず爽やかでカッコ良いなって思ったら、小栗旬。
贅沢過ぎる。
本当に一瞬の登場。
他に、津田寛治、小泉今日子などなど。
大森南朋って何役で出てたんだろう?
全く気付かなかった。
ショック。

豪華と言えば俳優陣だけじゃなく、セットも衣装もスゴイよ。
どのシーンで停止したって画になる。
障子や襖の色合いとかカワイイし。
昔の時代設定なのに、現代でも十分通じるお洒落な世界。
視覚的に満足。
普段は断然青派な私も、この映画は赤が良く映えてキレイだと思った。


映画 / 感想 | permalink | comments(2) | trackbacks(10)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

こんばんは!
TBありがとうございました^^・
ストーリーよりも圧倒的な極彩色に魅せられました。着物・襖・欄間。。。あらゆる色が美しかった映画だと思います。監督の目指した世界に完全にノックアウトされた感じでした(笑)
由香 | 2007/03/05 11:17 PM
>由香さん
お返事が遅くなりました!!
コメントありがとうございます。

私もストーリーよりは、視覚的に満足でしたね♪
あの着物を着てみたいです。
細部まで凝ってて、さすがだなと思いました。
あそこまで徹底的にしてくれると見ごたえありますね!
nagisa | 2007/03/18 8:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
粧ひのお色気も然ることながらきよ葉もお色気満点です。こんな映画をお子様が見る時間に遣っていいものかと物議を醸しそうですが、金魚の映像と椎名林檎の音楽がよく合っています。
(映画)さくらん | ゼロから | 2008/05/12 10:18 PM
     〜 2006年 製作 〜  ■ 監督 : 蜷川実花  ■ 原作 : 安野モヨコ 『さくらん』  ■ 出演 : 土屋アンナ/菅野美穂/木村佳乃         成宮寛貴/椎名桔平/安藤政信 ほか  ■ 主題歌 : 椎名林檎 『この世の限り』  ■ 配給 : ア
「さくらん」 | My Best Movies!! | 2007/04/26 5:45 PM
2月25日(日) (前の日からのつづき) 朝5時半に店を出る。 とにかくたらふく肉を食べた。 T社長以外はいっぱいいっぱい状態。 新宿駅前で解散。 ボクは歌枕さんと内博さんを新宿三丁目駅改札まで見送りをする。 6時にコマ劇場前のマンガ喫茶に入り、 マッ
真・映画日記(1)『さくらん』 | CHEAP THRILL | 2007/04/07 8:04 AM
男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
【2007-32】さくらん | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/03/11 7:46 PM
8歳の時に、吉原の玉菊屋に売られてきた少女は、きよ葉と名付けられ、花魁、粧ひに面倒を見られるようになります。脱走を図るなど問題児だったきよ葉ですが、やがて、吉原一の花魁を目指すようになります。17歳になり、遊女としてデビューしたきよ葉は、注目を集める存
さくらん | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/03/10 12:53 AM
さくらん  2月21日(水)@よみうりホール(試写会) 監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ 原作:安野モヨコ 主演:土屋アンナ 音楽監督:椎名林檎 配給:アスミック・エース たのしみにしてた「さくらん」観てきました なにがたのしみって そりゃ音楽
さくらん  | シュフのきまぐれシネマ | 2007/03/07 11:44 AM
ビューティフルでありんす。 幼少の頃に吉原の遊郭、玉菊屋へ売られたきよ葉は、やがてトップの花魁になる。72年生まれの女性フォトグラファーが江戸時代の遊郭の花魁を映画にした。 その要素だけで期待は膨らむ。私が普段、時代劇というものに惹かれないのは、多く
『さくらん』 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2007/03/06 10:30 AM
「さくらん」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、市川左團次、石橋蓮司、夏木マリ、安藤政信、永瀬正敏、美波、山本浩司、小池彩夢、山口愛、遠藤憲一、他 *監督:蜷川実花 *原作:安野
「さくらん」レビュー | 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/03/06 2:34 AM
極彩色の花魁絵巻見ての通り、ものすっごい色彩です。ケバケバしいというか、上品さを感じさせない奇をてらったまでの色とイロといろの洪水。女郎・花魁の世界を描いたこの作品、かなり内容的にも、エロは入っているんだけど、椎名林檎のロックをBGMに、土屋アンナの目
#21.さくらん(舞台挨拶つき) | レザボアCATs | 2007/03/05 11:22 PM
普段は食指が動くタイプの映画ではないが、予告編を観て魅せられた綺麗な色。。。【story】八歳の名も無き少女は、吉原の玉菊屋に買われ「きよ葉」と名づけられる。遊女になるのを怖れ、「いつか自分の足で吉原を出る!」と誓うきよ葉は、自分の意志とは裏腹に、ぞくぞ
さくらん | ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/03/05 11:14 PM
BlogPeople
MyblogList
にほんブログ村 映画ブログへ

TSUNE*FairPlay 宮本恒靖同盟

ダイスケ祭り ダイスケ祭り

松井大輔同盟

FRIENDS チャンドラー