CGI 人のセックスを笑うな = 日本 | a day on the planet

きょうのできごと

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< KIDS = 日本 | main | 地下鉄に乗って = 日本 >>

人のセックスを笑うな = 日本

  



恋におちる。世界がかわる。

19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。


み〜るーめくーん!!
あーそーぼー!!
松山ケンイチに惚れた。
ユリに恋するみるめを演じた松ケンに。
とろとろのふわふわでかわいかった〜。
公開前から言われてた、永作さんに恋した松ケンの気持ちが分かる。


まず、『犬猫』の撮り方が結構好きだったので、同じ監督さんだから安心できた。
それに、内容を観る前から想像出来る絶妙なキャスティング。
なんて100%な人たちを選んできたんだろうって。
実際映画を観たら、本当にこの人たちだよなぁと思える納得具合。
これ以上のキャスティングはない。


全編通してキスシーンのみだったけど、それがかえって良かった。
原作ではリアルな描写があったりするのだけれど、そこを見せないのがいい。
で、その手前を丁寧に撮ってるのが余計にいい。
服を脱ぐのに恥らうみるめに対し、潔い脱ぎっぷりのユリ。
電気を消したりつけたりするくだりも好き。
基本的に、アトリエで過ごす2人は微笑ましくて、和んで、癒される。
一番最初にアトリエに来たときも、みるめの服を当然のように脱がすユリが滑稽だ。
それに戸惑うみるめ。
ここの掛け合いが面白い。

みるめを追っかけるえんちゃんが切ない。
目の前で、自分の好きな人が他の人と歩いてるのもショックだけど、それよりもどうしようもなさが一番辛い。
振り向いてもらえないと自分でも分かっているのに好きだという現実。
みるめとユリの関係に落ち込んだり、みるめに八つ当たりしちゃったりするけど、一番みるめにまともな励ましをするのもえんちゃんだ。
会いたければ会いに行けばいい、電話に出たかったら出ればいい。
そんなシンプルな答えを、えんちゃんは悩むみるめに言う。

車のバックが異様に上手い、堂本役の忍成くん。
『犬猫』に続いての登場。
井口監督、忍成くんの魅力をよくご存知で。
こういう普通の男の子の役が実は似合っちゃうのが忍成くんの魅力だと思う。
自然体を不自然に演じない、本当に自然な姿。
ほんわかした雰囲気が好き。

何気に、猪熊さん役のあがた森魚がいい味出してる。
信玄餅の食べ方のマイペースさに和んだ。

そして、ユリ。
永作さんの小悪魔的魅力が満載。
このユリは、永作さんの為にあるようなキャラクター。
不倫だし、えんちゃんがみるめを好きだと分かっているのにみるめに手を出す。
なのに、全く嫌味じゃない。
ユリの人柄か永作さんの演技力か。
多分どっちもなんだろうけど。
それよりも、何故か共感できる。
確かに、みるめくんに触ってみたいもん。
だからユリの気持ちが分かる。

で、みるめだけど、松ケンはサイコーにいいよ。
今まで松ケンにさほど興味はなかったし、主演作を観たのもこれが初めて。
『ユメ十夜』とか『サウスバウンド』とかはちょっとだけだったし。
なんで人気があるのか分からなかったけど、『人セク』でハマった。
すんごい可愛い。
ユリに恋するみるめに私が恋したって感じ。
あと、喋り方も好き。
仕草も立ち姿も。

ストーリーは原作と違うところもあったけど、こっちも好き。
可愛いし、笑えるし。
とぼけたようなところが面白い。
みるめを誘いにきたえんちゃんとのやり取りとか、ユリがみるめにリトグラフを教えるところ、ベッドを膨らましてるみるめを邪魔するところ、自転車の後ろに乗ってるみるめにマフラーでバシッとやるところ(そこもユリはとぼける)。
挙げたらキリがない。
たくさんのいとおしさが詰まった、丁寧な作品。

挿入歌の『ANGEL』は、公開前からずっと聴いている。
映画の雰囲気にすごくよく合っている。
エンディングよりもずっといい。

もう一度2人を観たくなってしまった。
映画 / 感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(11)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://footballhour.jugem.jp/trackback/252
この記事に対するトラックバック
▼状況 弟のライブラリより ▼動機 地元ロケあり? ▼感想 そのまんま「人のロマンスを笑うな」でよくない? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 美術学校に通う19歳のみるめ(松山ケンイチ)は、39歳のリトグラフの非常勤講師ユリ(永作博美)と
【DVD】人のセックスを笑うな | 新!やさぐれ日記 | 2009/08/29 5:03 PM
19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。
人のセックスを笑うな | Addict allcinema 映画レビュー | 2009/06/24 11:37 PM
□作品オフィシャルサイト 「人のセックスを笑うな」□監督・脚本 井口奈己□脚本 永調有香 □原作 山崎ナオコーラ □キャスト 永作博美、松山ケンイチ、蒼井 優、忍成修吾、市川実日子、藤田陽子、MariMari、あがた森魚、温水洋一■鑑賞日 1月26日(土)■劇
『人のセックスを笑うな』 | 京の昼寝〜♪ | 2009/02/02 7:42 AM
公開時は特に気にならなかったのだけど、TUTAYAでいつも全部レンタル中だったので、どんだけおもしろいんだろうと手に取ってみた。 「地方の美大に通うみるめ。ある朝仲間のえんちゃんと堂本の運転する軽トラで靴擦れした不思議な女性を拾う。数日後、校内でその女性
『人のセックスを笑うな』 | ・*・ etoile ・*・ | 2009/01/12 3:03 AM
人のセックスを笑うな これを見ると、松山ケンイチに胸キュンして 好きになっちゃう!とゆう噂を ちらほらと 耳にしたので・・・、本当〜??と思い、TSUTAYA で借りて見てみた。 (てゆうか、永作 大好きだしっ!) みかん子は、、、、 セーフっ! 大丈夫
人のセックスを笑うな | みかんの部屋 | 2008/08/07 9:38 PM
★★★☆  この妙なタイトルのせいか、今最も旬な松山ケンイチ主演のせいか、3ヵ月近いロングランにも拘わらず、ここシネセゾン渋谷は連日超満員。 もうそろそろ大丈夫だろうと考えたものの、1ヵ月前に入場出来ず悔しい思いをしたので、用心のため会社を休んで平日
人のセックスを笑うな | ケントのたそがれ劇場 | 2008/03/23 6:27 PM
人のセックスを笑うな’07:日本 ◆監督:井口奈己(犬猫)◆出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾、あがた森魚、温水洋一、桂春團治 ◆STORY◆美術学校に通う19歳の磯貝みるめは、新任のリトグラフの講師ユリに絵のモデルを頼まれる。アトリエに連れ
人のセックスを笑うな | C'est Joli | 2008/03/22 12:44 AM
自由奔放‘小悪魔ユリちゃん’と、純で可愛い‘一途な男の子みるめクン’の恋物語〜〜 出逢いから2人の‘はじまり’までは、自然なような強引なような・・・ どこかのコミックを見てるようでちょっと笑える。 全体的に長回しで脚本もちゃんとあるのか、アドリブっ
人のセックスを笑うな | future world | 2008/02/24 5:42 PM
タイトル先行と松山ケンイチ、蒼井優などのキャストで来場者が増えたような気もしましたが、「人のセックスを笑うな」鑑賞。渋谷では予約できるため休日の昼間や平日の夜間は満員で観られないほど。急遽、地方のシネコン・シネプレックスで上映。(c)2008「人のセックス
『人のセックスを笑うな』@シネプレックス | たーくん'sシネマカフェ | 2008/02/18 1:06 PM
人気ブログランキングの順位は? 恋におちる。世界がかわる。 19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。 恋におちたふたりの いかれた冬の物語。
【2008-24】人のセックスを笑うな Don't laugh at my romance. | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/02/17 12:16 PM
山崎ナオコーラさん原作の同名小説を「犬猫」の井口奈己監督が映画化した作品です。WOWOWユーザーの中にはメイキング&プロモーションをご覧になってる方も多いんじゃないかと思うのですが、私は映画本編を楽しみにしてたので頑張って観ないようにしてました。原作は著
BlogPeople
MyblogList
にほんブログ村 映画ブログへ

TSUNE*FairPlay 宮本恒靖同盟

ダイスケ祭り ダイスケ祭り

松井大輔同盟

FRIENDS チャンドラー