CGI おと な り = 日本 | a day on the planet

きょうのできごと

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 余命1ヶ月の花嫁 = 日本 | main |

おと な り = 日本

  



はじめて好きなったのは、
あなたが生きている音でした。


岡田准一。
麻生久美子。
この配役しかないでしょ。
序盤の谷村美月の存在さえ我慢すれば、いかにも邦画っぽくて好きだった。

普段の何気ないことを大切に撮っていて、大恋愛ものよりも、こういう静かで、もどかしくて、可愛らしいラブストーリーの方が断然素敵に思う。

まず、岡田准一。
俳優色の方が強い彼は、もうすっかりアイドルっぽさがなく、落ち着いた大人の男の子。
そこにいるだけで画になるのに、動いてても、喋っても、素敵な男前。
『木更津〜』のようなバカッぷりよりも、『東京タワー』の大人びた役よりも、等身大の“野島聡”の岡田くんは安心して見ていられる。

麻生久美子。
彼女の声は透き通っていて、聞いていて心地が良い。
『風をあつめて』の鼻歌も、かなり可愛かった。
玄関を閉めたときのあの音。
麻生さん演じる“七緒”にピッタリ。
同じ30歳、独身女性として、七緒のように仕事に一生懸命なのは分かる。
恋愛はしないんじゃなくて、したいけど、新しく踏み出す勇気もない。
そんな微妙な年齢の女性を、麻生さんが可愛く演じていた。
観終わった頃には、麻生さんのファンになっていた。

日常の音。
この映画に出てくる音は、どれも心地良いもので、それが生活の一部になっている。
なくなると寂しいし、物足りない。
音を通じてお互いを感じ、想う。
邦画にしか表現出来ない題材の作品だなぁと思った。

ちなみに、私の大好きな郭智博くんも出演。
事務所の後輩役で。
『虹の女神』に引き続いての役どころ。
やっぱりメガネが似合う。
映画 / 感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
むっちゃ切なくて胸キュンな気分になったんですが たったひとつ。 先にツッコミいれていいですか〜〜。 あんなにプライバシーのないとこ うちはよう住めません。(笑) 聞こえすぎやろ。 しかも ココは聞こえるのにココは聞こえてない ないやろ。(笑) はい、では本
音がもたらす運命の恋。〜「おと・な・り」〜 | ペパーミントの魔術師 | 2009/06/09 6:15 PM
「おと・な・り 」★★★☆ 岡田准一 、麻生久美子 主演 熊澤尚人 監督、2008年、119分 「カメラマンの聡(岡田准一)の隣の部屋には 花屋のバイトをしながら、 フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)が お互い隣の気配を何気なく気にしながら暮らして
'09.05.08 『おと・な・り』(試写会)@九段会館 yaplogで試写会当選。岡田くん主演のラブストーリーということで期待大。目の保養に行ってきた(笑) ※ややネタバレしてます。しかも辛口・・・ 「カメラマンの聡と花屋で働く七緒は実はお隣同士。顔も名前も知ら
『おと・な・り』 | ・*・ etoile ・*・ | 2009/05/24 3:37 AM
BlogPeople
MyblogList
にほんブログ村 映画ブログへ

TSUNE*FairPlay 宮本恒靖同盟

ダイスケ祭り ダイスケ祭り

松井大輔同盟

FRIENDS チャンドラー